• English
  • サイトマップ

商船設計

サービス

CFDを用いた船型開発ノウハウを生かし、貴社の船型設計をサポートいたします。

CFDによる船型設計

CFDを用いることで、短時間により多くの船型を評価し、燃費の優れた船型の開発を行なっています。
また、従来タンクテストで確認していた相対比較の回数を減らすことも可能となり、コスト削減にもつながります。 CFD開発及び船型設計は1993年からいち早く導入し、多くの経験とノウハウ、実績があり、両者を結びつけたCFDによる船型開発を行なっています。

CFDの受託計算・解析

様々な船型の格子生成、CFD計算の実績、ノウハウを使うことで、低いコストで最良の結果を出すことができます。船体のみの形状からアペンデージ付きの複雑な形状まで、ケースに応じ構造格子または非構造格子を作成し、問題に最適なCFD計算、解析を行います。

CFD・流体問題に関するコンサルティング

これまでの数多くの格子生成、CFD計算、船型開発、流れに関する問題解決の実績で蓄積したノウハウをもとに、CFDや流体問題への最良のソリューションをご提供できます。HullDesに関するサポート業務を通しても、様々な格子作成問題の解決、経験、実績がありますので、非常に困難な問題へも対応可能です。

CFD設計手法導入のサポート・教育

CFDによる設計手法を導入する際の技術的サポート、システムの構築、使用者の教育を行い、スムースな導入をサポートいたします。
また、システムに必要なソフトウェアの開発を行い、設計現場のニーズにあったカスタマイズをすることで、効率的な設計システムを構築できます。
これからCFDを取り入れた設計を行っていきたいが、“人材がいない”、“CFDに関する知識が無い”という場合には、ご相談いただければ現場に合った最適なシステムのご提案、実際のCFD作業のサポートなどをニーズに合わせてご提供いたします。

テクノロジー

大学や研究機関で長年開発されてきた船まわりの造波シミュレーションコードをベースにした、船の抵抗性能を高精度で推定可能なCFDソフトウェアを基に、 CFD開発と設計を通して培ってきた経験と融合させながら、最適な設計を、早期かつ効率的に提供いたします。最先端の船専用のCFDコード、SURF/NEPTUNE(海技研コード)、 WisdamX(東大コード)、 Flowpack(大阪府大コード)、また新たにFine/Marine(NUMECA社)を採用し、常に最先端の技術を取り入れています。

  • ホーム
  • セーリングボート設計
  • 商船設計
  • ACTについて
  • 活動情報
  • お問い合わせ
project
Sailing-6
Sailing-7
Sailing-1
Sailing-2

商船設計 実績