Project 420

DESIGNER / A.KANAI

新しい420のデザインは辻堂加工で建造され、2014年6月に第一船体が進水しました。スナイプからのフィードバックや過去の470の性能分析を参考に、スナイプと同じ科学的なアプローチで設計が行われました。ルールでは、船体形状に若干の許容範囲を設けた制限が規定されていますが、CFD調査から、許容値に10%の抵抗差が生じることが明らかになりました。最適化された船体形状は船速ごとに異なるため,船速を変えて様々な船体形状の CFD シミュレーションを実施し,最終的な船体形状を設計しました。最終的な船体形状は、既存の420で良好な船体として評価されていたベース船体よりも、あらゆる条件で抵抗が小さくなるように設計されました。
前後トリムの最適なトリムは船速に依存し、その上で最適なトリムで船体形状を最適化する必要があります。例えば6.5ktの船速ではトランサムから1.6m程度の重心位置が最適であり,この位置を100mm前方に移動させると抵抗が約6%増加するため,各船速で最適なトリムで船体形状の最適化を行う必要があります。船体形状の最適化には、正確にプレーニング姿勢をシミュレートできるCFDシミュレーション能力が必要となります。

デッキ形状は、辻堂での様々な経験やプロセーラーの意見から、クルーの作業性が良く、できるだけシンプルな形状になるように設計しました。 
船体とデッキのプラグは、設計形状に非常に正確になるようにNC加工で製作されました。 
実際のセーリング性能は、GPSデータとセイル形状捕捉データの転送でリアルタイム評価が可能なノースセイルズジャパンの技術を用いて2ボートテストで評価しました。その結果、CFD結果とほぼ同等の約2%の高速化を実現したことが明らかになりました。 
詳細、ご注文は辻堂までお問い合わせください。

© 2020 by ACT Co., Ltd.

act_logo3.png